« 山田先生の思い出(3) 寝て読む本は… | トップページ | 龍谷大学図書館所蔵『山田盛太郎文庫』付属資料-2(11年6/18改訂) »

2010年11月14日 (日)

龍谷大学図書館所蔵『山田盛太郎文庫』付属資料-1

 年(2009年)5月、龍谷大学並びに龍谷大学図書館のご厚意により、同校所蔵の山田盛太郎氏旧蔵の諸書籍(山田盛太郎文庫と総称されて収蔵されている)に付属する書類(山田盛太郎文庫付属資料として7つの箱に分蔵されている)を拝見することができました。
 当付属資料は、山田盛太郎文庫が同校図書館に収められ、書籍類の目録が作成された時と同時に調査され、『龍谷大学図書館所蔵 山田盛太郎文庫目録 1988』後半の「雑誌論文・その他」(総計687点)として公表されました。
 しかし、この作業は、付属資料の半分以上を占める雑誌論文の束(7箱に分納された資料中の約4箱分)だけであり、残りの約3つの箱の資料については上記目録から除外されていた。
 さらに、掲載された資料の内容については、ただ標題とその掲載雑誌に纏わる付帯情報だけが記載されただけで、それらの雑誌資料が山田盛太郎氏の所蔵物として、どのような位置づけで研究者に提供できるのかということについては何らの記載も無かったのであり、ただ、そのような雑誌の抜粋が所持されていたと言うことのみが記されていたのである。

 付属資料7箱の内容は、大きく下記の9項目に分類できる。
 ①献呈論稿(主として献呈者による雑誌等に掲載された論稿の抜き刷り)
 ②山田氏自身によって集められ、手元に留められた雑誌の抜粋(圧倒的にこれが多い)と収集された資料類(書籍、小冊子または書籍からの抜粋、新聞等々)
 ③地図(多くの分県地図と詳細な2万分の一の地図等々)
 ④現地調査に関わる資料(土地所有・農村、鉄鋼等々の調査、農地改革に関わるもの等々)並びに関連資料
 ⑤手稿・メモ(読書記録を含む)
 ⑥手書きによる詳細な統計表と産業連関表
 ⑦山田氏著作物の抜き刷りや講義用の資料類
 ⑧学生による講義記録(昭和5年のものが1冊)
 ⑨その他
 これら約9項目の内、上記『目録』に掲載されていたのは①と②が主体であった。

 これら7つの箱の内容について一つ一つ丁寧に調べてゆくと、これらの資料は様々な意味で極めて重要な資料であり、『目録』の後半については調べ直しの上、再編集が必要であることを大学に説明し、今回の再調査となった。

【PS】
 谷大学並びに同図書館のご厚意により、これらの資料について調査の許可が下り、昨年5月の内容把握の第1回目の日から今日までその内容について具に調べることが出来るという実に得難い機会を与えて頂いた。
 ところが、昨年末以来作業者が体調を崩し、回復が長引いたため報告を夙に纏めることが出来なくなり、龍谷大学並びに同図書館、とりわけ些事に至るまで心を砕いてお世話頂いた図書館課長中﨑氏のご厚意に報いることが出来ず今日にまで至っていることが実に慚愧に堪えません。
 ここにお詫びを申し上げると共に、かくも自由にお任せ頂いた大学、学長と図書館長に対し、心よりお詫びを申し上げると共に、健康を回復しつつある今日、早期に報告を出来るよう努力する所存であります。
 最終作業に向けて、その作業内容と状況を公開することで、自らを鼓舞すると共に、この間お世話になった多くの関係者ならびに先輩諸兄姉に、その状況とトピックをお伝えすることにしました。

|

« 山田先生の思い出(3) 寝て読む本は… | トップページ | 龍谷大学図書館所蔵『山田盛太郎文庫』付属資料-2(11年6/18改訂) »

社会科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山田先生の思い出(3) 寝て読む本は… | トップページ | 龍谷大学図書館所蔵『山田盛太郎文庫』付属資料-2(11年6/18改訂) »