« 2012年9月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年10月

2012年10月15日 (月)

経済学原理の世界から-先生の読書痕を追い掛けて-『資本論』(2012,10/18加筆)

 田ゼミでの目標は、現状分析・理論・歴史の鼎立、であった。

 先生から些か乱暴な表現だと叱られるかも知れないが、社会科学の第一目標は今現在を紐解きその構造を白日の下に晒すことであり、そのための解剖用具を理論として用意し、依って来たる運動の軌跡を歴史の上で確認するのだ、という理解の仕方を今でも私はしている。

 なかでも理論の学習、解剖用具を研ぎ澄ますための訓練には、常に厳密性を要求されたため、初めのうちは終わると緊張感が一挙に解れ飛んで倒れ込み、本当に木陰で一眠りしたくなる程の表現できない脱力感に襲われた。
 脳味噌が加熱して燃えるかも知れないくらい何度も繰り返して本を(→『資本論』)読んで、それなりに意気込んで発表しても、いつも頂くのは“駄目だ”!なのだ。 帰り際に先生がニッコリ笑っておっしゃるには、しっかりと勉強ができていないから十分な理解に達しないのだよ!で何時も終わる!

 雑談に深入りしない間に閑話休題といきましょう!

 量や質等ではなく、また、けっして目を見張るような折り紙が付けられているわけではないが、山田文庫には辺りを払うが如き一つの核として位置づけられた書物が収められている。
 『資本論』である。
 山田先生が常に依拠せられた『資本論』は生涯Engels版であった。 これを補うものとして幾つかのドイツ語の版本が用意はされてはいたが、これらの多くは他の研究者が依拠せられた場合の参考図書として置かれていたように思われる。
 邦訳も何種類かを所蔵されておられるが、良く読み込まれていたのはやはりEngels版を底本の一つとした改造社版の高畠素之氏の訳であり、他の邦訳書はドイツ語版の場合と同じく参考図書として都度必要に応じてご覧になったように見受けた。

 山田盛太郎文庫の中で、外見が最もみすぼらしいにも拘わらず、文庫の中で最も輝かしい光彩を放つ書物がEngels版の『資本論』ならびにそれを囲むものたちである。

続きを読む "経済学原理の世界から-先生の読書痕を追い掛けて-『資本論』(2012,10/18加筆)"

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

山田文庫の野呂榮太郎著『日本資本主義撥達史』の一つの読書痕についての報告(2012,10/18加筆)

 田文庫所蔵の野呂榮太郎著『日本資本主義発達史』には山田先生による読書痕が認められる。

 山田先生が所持されておられた『日本資本主義発達史』は、鉄塔書院から昭和5年5月10日に発行された紙装版の普及本である。
 この鉄塔書院版と同じ紙型を使って五年後の昭和10年6月5日に岩波書店からも『日本資本主義発達史』が同じく紙装版にて刊行された。

 この岩波版『日本資本主義発達史』には官権の検閲により文章の削除箇所が15箇所、文字の削除箇所が19箇所にものぼり、この5年という年月の推移を紐解く者に十分に語りかけてくる。(読者は、是非改めて何らかの詳しい総合年表の点検を乞う!)

 今回の報告の発端は次のことから始まった。
 ある偶然から岩波書店版の『日本資本主義発達史』にある削除部分を知り、特に何等かの意図があったわけではなかったが、龍谷大学の山田文庫所蔵の山田先生による書込のある本と比べてみた。
 すると、鉄塔書院版にある文章の削除部分に黒鉛筆で「」が付けられているのを発見した。 最初、これは先生が偶然にも削除部分あたる箇所にご自分でも留意されたのだろう、と単純に思った。 しかし、次の削除部分にもこれと同じ「」が付けられている。 結局、総ての文章の削除箇所を調べた結果、一文字の狂いもなく、岩波書店版で削除された文章の総ての範囲に山田先生は黒の鉛筆を使われ、「」をもって囲われておられたのである。
 これは決して偶然などではない!

 山田先生は岩波書店版の『日本資本主義発達史』が、官権により削除処分を受けたことを知り、自己の所蔵本にその削除された部分の範囲を記録されたのである。

 岩波書店版の削除箇所には文章以外にも文字の削除箇所が19箇所あるが、山田文庫の書き込みからは、この文字の削除箇所への積極的な対応は見ることが出来ない(2箇所に強調符号の「〵」が同じく黒鉛筆で付けられている箇所があるが、筆記具が同じである点だけでこの符号が付けられた時期を特定することは些か早計であろう)。

 これは些か些事に過ぎる!との指摘があるかも知れないが、『日本資本主義発達史講座』の編集者として、また、年齢的にも共に近い(野呂氏は明治33年4月30日生まれ、山田先生は明治30年1月29日生まれ)こと、岩波書店版が出る一年少し前に野呂氏が亡くなられたこと等を我々は認識しておけばよいのであろう。

 ちなみに、野呂栄太郎氏は昭和8年11月28日に逮捕され、翌年の昭和9年2月19日に亡くなられた。 享年34歳。 野呂氏の死の二日後に山田先生の『日本資本主義分析』が岩波から出版された。

 今回の報告では、野呂氏の書物からの削除箇所について山田先生が自らの意志でその箇所を確認・認識されて自己の所蔵本にその記録をとられたと言う事実についての報告である。

続きを読む "山田文庫の野呂榮太郎著『日本資本主義撥達史』の一つの読書痕についての報告(2012,10/18加筆)"

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

山田文庫における『日本資本主義発達史講座』(2012,10/12加筆)

 谷大学深草図書館所蔵の山田盛太郎文庫には『日本資本主義発達史講座』(以後『講座』)が所蔵されている。
 山田先生が編集者として名を連ねておられるから当然だと言えばそれまでなのであるが、どう見てもただ一箇所に纏められたとしか言いようの無い書庫での分冊の情況から整理は始められなければならなかった。

 整理の方針を見定めるために二度程の事前の点検をしておいたため、整理の第一段階としては分かり易い配本順(『講座』は目次とは関係なく、個々の論稿が出来上がり次第、順に印刷製本し、分冊としてとして七回に分けて予約者に配本された)に分冊を集合させ、まず、分冊の揃い具合(欠本があるのかどうか)を調べ、次に、各分冊の中の山田先生による読書痕の情況についての調査を行った。

 その結果、ほぼ『講座』の分冊が揃っていることが判明。 但し、二冊の分冊が発見されなかったが、その内の一冊は著者からの献本で埋められているため、結果的には一冊だけ分冊が無いだけで、殆どの『講座』分冊が存在することが判明した。
 また、文庫には『講座』の内容見本も二部存在していたが、月報は各一部ずつしか存在せず、且つ、山田先生の論稿のある第四回配本分の月報が欠落して存在せず確認できなかった。(文庫の調査は最後に総ての書籍を一冊一冊調べてゆく際にこの欠落部分が出てくるかどうかを留意したい。)
 同一の分冊が複数冊存在するものが幾つか存在する(分冊のダブりがある)が、一方では何故この特定の分冊だけがここに複数冊(ダブっている冊数は様々)あるのかという疑問が湧き上がるものの、現在の残されている資料からは、この疑問に答え得るようなものは何も発見できなかった。

 次に山田先生の読書痕についての調査に移った。
 確認できる山田先生の読書痕の有無については後続の報告をお読み頂きたいのであるが、例え痕跡が無い場合でも、各分冊は読まれてはいたが、ただ読書痕がないだけなのか、そうではなく全く読まれなかったのかについては定かには判定はできなかったが、下記の記録においては分冊中に誤植の訂正等の記載以外の書込がある場合を読書痕として扱い、それについて記録をした。

 当稿に於いては、痕跡の内容やその論評には踏み込まず、技術的な面での記録に止めてその成果を報告する。

続きを読む "山田文庫における『日本資本主義発達史講座』(2012,10/12加筆)"

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年3月 »