« 2012年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2013年3月

2013年3月17日 (日)

『回想の河上肇』

 田文庫の書架へ出入りするようになってどれくらいたった頃だろうか。 書架の間を行ったり来たりする間に、ある小振りな書物が下の方の棚の隅っこから時々ふと私の注意を引くのに気がついた。
 見るからに質素なその身なりからは、その本をわざわざ書架から引っ張り出すまでもなく、戦争後の物資の乏しい折に出版されたものであることは直ぐに見て取れた。
 ひっそりと佇むその本はまるで表紙が無いかのようなまことに名ばかりの薄い紙で出来ており、背表紙も紙が一枚貼り合わせてあるだけで、よく言えば現在のペーパーバックスのようなその外見からは、ある意味親近感すらも感じられた。 天の焼け具合からは、恐らく中の料紙も開いてみるまでもなく極めて質素なものであろうと想像できる。
 薄暗い書架の間ではあったが、身を屈めて少し焼けてやせこけたその背表紙を覗き込むと『回想の河上肇』という表題が読み取れた。 恐らく河上先生ご逝去の折に、有志の方々によって纏め上げられた追想録ではなかろうかと想像できたのだけれど、なぜかその時は一度手にとっては見たが直ぐには開いたりはせず、そのまま書架に戻した。 ただ、大変軽い、という手の感覚が妙に脳裏にこびりついた。

続きを読む "『回想の河上肇』"

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2015年1月 »