« 2015年1月 | トップページ | 2016年11月 »

2015年9月

2015年9月27日 (日)

東京帝国大学経済学部 昭和五年夏学期  第二外国語経済学受講者ノートについての最終報告(2015,10,11 改訂)

 年6月、政治経済学・経済史学会の春期学術大会に出席するのに併せて、これまで長々と放置していた東京に出掛けなければ解決の出来なかった諸懸案事項を一気に遣り遂げようと意気揚々と出掛け、四日間それ相応に走り回り、重要な方々とお会いし、訪問しておかねばならかい所にもほぼ隈無く出掛けた。

 ここまではほぼ満点であったのだけれど、この強行軍は私の心身を想定以上に疲弊させ、追い打ちを掛ける様に、その後の不順な天候は私の足を引っ張り続け、数々の不定愁訴に苛まれることになった。

 しかし、甲斐あって、今年の東京行きでは数々の、場合によっては思いもしなかった成果を大量に私にもたらした。 今迄、見ることも叶わなかった資料もこの目で確認が出来、先学からも、多くの事項についてお教えを受け、丁重なおもてなしを受けてこれまでどうしても未確認であった諸事項をも確認することが出来た。

 この小論の表題である、「東京帝国大学経済学部 昭和五年夏学期  第二外国語経済学受講者ノート」は以前からこのサイトにも記事を何度か掲載し報告してきたのであるが、この小論の一部保留事項はなかなか解決出来なかった。  これを解決する鍵は実はこの東京での確認作業にかかっていたが、今回は、それをほぼ達成出来た。

 この小論は、既に殆どの本文が出来上がっており、しかも、確認作業の熱気が冷めないうちに原稿への追加或いは書き直しを本郷の旅館で夜遅くまでかかり手直しと確認までしていたのだから、本来ならば、帰宅後、直ぐにでも最終調整をして公表が可能なはずであった。

 それがどうしたことか、帰宅すると、頭の片隅には意識と記憶は残っていたのだけれど、体がついてゆかず、最近になってやっと正気が戻り始めるまで、原稿は三ヶ月余りノートPCの中に放置されたままで、それすらも意識からは虚ろになりかけていた。
 暑さも少しずつ収まり始め、それに応じて少しずつ正気が戻り始めたため、作業したことだけは間違いなく記憶していたので、慌てて探し出し、改めて全体に目を通し、本日ようやく完成致しました。 大変遅くなり、実に汗顔の至りでは御座いますが、下記に掲載いたします。 不悪。

 必要な箇所だけでも良いかと思ったが、所々に改訂があるし、一から書き直すよりも改めてほぼ全文を掲げることに致しました。 申し訳ございませんが、文中の一部に、このnet上では上手く表記できない箇所も有りますが、正式版の内容だけは伝わる思います。 龍谷大学深草図書館にこれから収めるこの映像資料には、小稿の現物も添えられていますので、正式版はそちらを見て頂くことになると思います。

続きを読む "東京帝国大学経済学部 昭和五年夏学期  第二外国語経済学受講者ノートについての最終報告(2015,10,11 改訂)"

|

2015年9月25日 (金)

山田盛太郎文庫所蔵の『資本論』映像化、覚書

 読者の方々へのお詫び

 者の体調不良が繰り返され、当ブログへの投稿が長期間に亘り疎遠になっておりました。  深くお詫び申し上げます。 現在も、十分とはゆかないのですが、調子の良い時にトボトボと少しずつ進めて参りました山田盛太郎文庫のデジタル映像化作業の内のエンゲルス版『資本論』の部が、多くの方々の善意の応援を得、その編集作業が何とかほぼ終わりました。 少しずつ覚書も書き始め、何とか形をなしましたので、せめてそのぶんだけでもUPしておきます。

 大正時代、やっとのことで産声を上げ得た経済学部を拠り所とし、幾多の研究者による漲る真摯な研鑽の数々の営みは、実に多くの輝かしい業績を私達に学問的遺産として残して頂きました。
 しかし、研究者の書斎に於ける営みの一つである数々の研鑽の痕を留める書物の山を、私達は中々その全貌を覗う機会がありません。 しかし、各研究者は間違いなく、書斎にて書を読み、思考を巡らせ、鎬を削り合っていたことを考えると、彼等が正面から向き合い、格闘の結果書物に深く刻み込み、私達にとって今迄
覗い知ることが出来なかった先学達が打ち込んだ幾多の読書痕の細径をとことん辿ってみたくなるではありませんか!

 有難いことに、年を経て、恩師の研鑽の痕を辿る旅の杖を得ました。 もう一度体と心を奮い立たせ、在りし日の恩師の謦咳を頼りに、もう少し頑張ってゆこう!

 いつの日か、山田先生だけではなく、他の気に掛かる先生方の読書痕を一堂に集めて拝見し、或いはそれらを以て彼等が命懸けで追い求めた“本質”というべきものを、改めて問い掛け、虚心坦懐に彼等の言葉に耳を傾けてみるということは何とワクワクすることではありませんか!!!

 以下、何とか書き上げました始末の悪い駄文では御座いますが、これをお目に掛けることで、長らく疎遠にしておりましたことへの責に代えさせて頂きます。

続きを読む "山田盛太郎文庫所蔵の『資本論』映像化、覚書"

|

« 2015年1月 | トップページ | 2016年11月 »