社会科学

2015年9月27日 (日)

東京帝国大学経済学部 昭和五年夏学期  第二外国語経済学受講者ノートについての最終報告(2015,10,11 改訂)

 年6月、政治経済学・経済史学会の春期学術大会に出席するのに併せて、これまで長々と放置していた東京に出掛けなければ解決の出来なかった諸懸案事項を一気に遣り遂げようと意気揚々と出掛け、四日間それ相応に走り回り、重要な方々とお会いし、訪問しておかねばならかい所にもほぼ隈無く出掛けた。

 ここまではほぼ満点であったのだけれど、この強行軍は私の心身を想定以上に疲弊させ、追い打ちを掛ける様に、その後の不順な天候は私の足を引っ張り続け、数々の不定愁訴に苛まれることになった。

 しかし、甲斐あって、今年の東京行きでは数々の、場合によっては思いもしなかった成果を大量に私にもたらした。 今迄、見ることも叶わなかった資料もこの目で確認が出来、先学からも、多くの事項についてお教えを受け、丁重なおもてなしを受けてこれまでどうしても未確認であった諸事項をも確認することが出来た。

 この小論の表題である、「東京帝国大学経済学部 昭和五年夏学期  第二外国語経済学受講者ノート」は以前からこのサイトにも記事を何度か掲載し報告してきたのであるが、この小論の一部保留事項はなかなか解決出来なかった。  これを解決する鍵は実はこの東京での確認作業にかかっていたが、今回は、それをほぼ達成出来た。

 この小論は、既に殆どの本文が出来上がっており、しかも、確認作業の熱気が冷めないうちに原稿への追加或いは書き直しを本郷の旅館で夜遅くまでかかり手直しと確認までしていたのだから、本来ならば、帰宅後、直ぐにでも最終調整をして公表が可能なはずであった。

 それがどうしたことか、帰宅すると、頭の片隅には意識と記憶は残っていたのだけれど、体がついてゆかず、最近になってやっと正気が戻り始めるまで、原稿は三ヶ月余りノートPCの中に放置されたままで、それすらも意識からは虚ろになりかけていた。
 暑さも少しずつ収まり始め、それに応じて少しずつ正気が戻り始めたため、作業したことだけは間違いなく記憶していたので、慌てて探し出し、改めて全体に目を通し、本日ようやく完成致しました。 大変遅くなり、実に汗顔の至りでは御座いますが、下記に掲載いたします。 不悪。

 必要な箇所だけでも良いかと思ったが、所々に改訂があるし、一から書き直すよりも改めてほぼ全文を掲げることに致しました。 申し訳ございませんが、文中の一部に、このnet上では上手く表記できない箇所も有りますが、正式版の内容だけは伝わる思います。 龍谷大学深草図書館にこれから収めるこの映像資料には、小稿の現物も添えられていますので、正式版はそちらを見て頂くことになると思います。

続きを読む "東京帝国大学経済学部 昭和五年夏学期  第二外国語経済学受講者ノートについての最終報告(2015,10,11 改訂)"

|

2015年9月25日 (金)

山田盛太郎文庫所蔵の『資本論』映像化、覚書

 読者の方々へのお詫び

 者の体調不良が繰り返され、当ブログへの投稿が長期間に亘り疎遠になっておりました。  深くお詫び申し上げます。 現在も、十分とはゆかないのですが、調子の良い時にトボトボと少しずつ進めて参りました山田盛太郎文庫のデジタル映像化作業の内のエンゲルス版『資本論』の部が、多くの方々の善意の応援を得、その編集作業が何とかほぼ終わりました。 少しずつ覚書も書き始め、何とか形をなしましたので、せめてそのぶんだけでもUPしておきます。

 大正時代、やっとのことで産声を上げ得た経済学部を拠り所とし、幾多の研究者による漲る真摯な研鑽の数々の営みは、実に多くの輝かしい業績を私達に学問的遺産として残して頂きました。
 しかし、研究者の書斎に於ける営みの一つである数々の研鑽の痕を留める書物の山を、私達は中々その全貌を覗う機会がありません。 しかし、各研究者は間違いなく、書斎にて書を読み、思考を巡らせ、鎬を削り合っていたことを考えると、彼等が正面から向き合い、格闘の結果書物に深く刻み込み、私達にとって今迄
覗い知ることが出来なかった先学達が打ち込んだ幾多の読書痕の細径をとことん辿ってみたくなるではありませんか!

 有難いことに、年を経て、恩師の研鑽の痕を辿る旅の杖を得ました。 もう一度体と心を奮い立たせ、在りし日の恩師の謦咳を頼りに、もう少し頑張ってゆこう!

 いつの日か、山田先生だけではなく、他の気に掛かる先生方の読書痕を一堂に集めて拝見し、或いはそれらを以て彼等が命懸けで追い求めた“本質”というべきものを、改めて問い掛け、虚心坦懐に彼等の言葉に耳を傾けてみるということは何とワクワクすることではありませんか!!!

 以下、何とか書き上げました始末の悪い駄文では御座いますが、これをお目に掛けることで、長らく疎遠にしておりましたことへの責に代えさせて頂きます。

続きを読む "山田盛太郎文庫所蔵の『資本論』映像化、覚書"

|

2012年10月15日 (月)

経済学原理の世界から-先生の読書痕を追い掛けて-『資本論』(2012,10/18加筆)

 田ゼミでの目標は、現状分析・理論・歴史の鼎立、であった。

 先生から些か乱暴な表現だと叱られるかも知れないが、社会科学の第一目標は今現在を紐解きその構造を白日の下に晒すことであり、そのための解剖用具を理論として用意し、依って来たる運動の軌跡を歴史の上で確認するのだ、という理解の仕方を今でも私はしている。

 なかでも理論の学習、解剖用具を研ぎ澄ますための訓練には、常に厳密性を要求されたため、初めのうちは終わると緊張感が一挙に解れ飛んで倒れ込み、本当に木陰で一眠りしたくなる程の表現できない脱力感に襲われた。
 脳味噌が加熱して燃えるかも知れないくらい何度も繰り返して本を(→『資本論』)読んで、それなりに意気込んで発表しても、いつも頂くのは“駄目だ”!なのだ。 帰り際に先生がニッコリ笑っておっしゃるには、しっかりと勉強ができていないから十分な理解に達しないのだよ!で何時も終わる!

 雑談に深入りしない間に閑話休題といきましょう!

 量や質等ではなく、また、けっして目を見張るような折り紙が付けられているわけではないが、山田文庫には辺りを払うが如き一つの核として位置づけられた書物が収められている。
 『資本論』である。
 山田先生が常に依拠せられた『資本論』は生涯Engels版であった。 これを補うものとして幾つかのドイツ語の版本が用意はされてはいたが、これらの多くは他の研究者が依拠せられた場合の参考図書として置かれていたように思われる。
 邦訳も何種類かを所蔵されておられるが、良く読み込まれていたのはやはりEngels版を底本の一つとした改造社版の高畠素之氏の訳であり、他の邦訳書はドイツ語版の場合と同じく参考図書として都度必要に応じてご覧になったように見受けた。

 山田盛太郎文庫の中で、外見が最もみすぼらしいにも拘わらず、文庫の中で最も輝かしい光彩を放つ書物がEngels版の『資本論』ならびにそれを囲むものたちである。

続きを読む "経済学原理の世界から-先生の読書痕を追い掛けて-『資本論』(2012,10/18加筆)"

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

山田文庫の野呂榮太郎著『日本資本主義撥達史』の一つの読書痕についての報告(2012,10/18加筆)

 田文庫所蔵の野呂榮太郎著『日本資本主義発達史』には山田先生による読書痕が認められる。

 山田先生が所持されておられた『日本資本主義発達史』は、鉄塔書院から昭和5年5月10日に発行された紙装版の普及本である。
 この鉄塔書院版と同じ紙型を使って五年後の昭和10年6月5日に岩波書店からも『日本資本主義発達史』が同じく紙装版にて刊行された。

 この岩波版『日本資本主義発達史』には官権の検閲により文章の削除箇所が15箇所、文字の削除箇所が19箇所にものぼり、この5年という年月の推移を紐解く者に十分に語りかけてくる。(読者は、是非改めて何らかの詳しい総合年表の点検を乞う!)

 今回の報告の発端は次のことから始まった。
 ある偶然から岩波書店版の『日本資本主義発達史』にある削除部分を知り、特に何等かの意図があったわけではなかったが、龍谷大学の山田文庫所蔵の山田先生による書込のある本と比べてみた。
 すると、鉄塔書院版にある文章の削除部分に黒鉛筆で「」が付けられているのを発見した。 最初、これは先生が偶然にも削除部分あたる箇所にご自分でも留意されたのだろう、と単純に思った。 しかし、次の削除部分にもこれと同じ「」が付けられている。 結局、総ての文章の削除箇所を調べた結果、一文字の狂いもなく、岩波書店版で削除された文章の総ての範囲に山田先生は黒の鉛筆を使われ、「」をもって囲われておられたのである。
 これは決して偶然などではない!

 山田先生は岩波書店版の『日本資本主義発達史』が、官権により削除処分を受けたことを知り、自己の所蔵本にその削除された部分の範囲を記録されたのである。

 岩波書店版の削除箇所には文章以外にも文字の削除箇所が19箇所あるが、山田文庫の書き込みからは、この文字の削除箇所への積極的な対応は見ることが出来ない(2箇所に強調符号の「〵」が同じく黒鉛筆で付けられている箇所があるが、筆記具が同じである点だけでこの符号が付けられた時期を特定することは些か早計であろう)。

 これは些か些事に過ぎる!との指摘があるかも知れないが、『日本資本主義発達史講座』の編集者として、また、年齢的にも共に近い(野呂氏は明治33年4月30日生まれ、山田先生は明治30年1月29日生まれ)こと、岩波書店版が出る一年少し前に野呂氏が亡くなられたこと等を我々は認識しておけばよいのであろう。

 ちなみに、野呂栄太郎氏は昭和8年11月28日に逮捕され、翌年の昭和9年2月19日に亡くなられた。 享年34歳。 野呂氏の死の二日後に山田先生の『日本資本主義分析』が岩波から出版された。

 今回の報告では、野呂氏の書物からの削除箇所について山田先生が自らの意志でその箇所を確認・認識されて自己の所蔵本にその記録をとられたと言う事実についての報告である。

続きを読む "山田文庫の野呂榮太郎著『日本資本主義撥達史』の一つの読書痕についての報告(2012,10/18加筆)"

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

山田文庫における『日本資本主義発達史講座』(2012,10/12加筆)

 谷大学深草図書館所蔵の山田盛太郎文庫には『日本資本主義発達史講座』(以後『講座』)が所蔵されている。
 山田先生が編集者として名を連ねておられるから当然だと言えばそれまでなのであるが、どう見てもただ一箇所に纏められたとしか言いようの無い書庫での分冊の情況から整理は始められなければならなかった。

 整理の方針を見定めるために二度程の事前の点検をしておいたため、整理の第一段階としては分かり易い配本順(『講座』は目次とは関係なく、個々の論稿が出来上がり次第、順に印刷製本し、分冊としてとして七回に分けて予約者に配本された)に分冊を集合させ、まず、分冊の揃い具合(欠本があるのかどうか)を調べ、次に、各分冊の中の山田先生による読書痕の情況についての調査を行った。

 その結果、ほぼ『講座』の分冊が揃っていることが判明。 但し、二冊の分冊が発見されなかったが、その内の一冊は著者からの献本で埋められているため、結果的には一冊だけ分冊が無いだけで、殆どの『講座』分冊が存在することが判明した。
 また、文庫には『講座』の内容見本も二部存在していたが、月報は各一部ずつしか存在せず、且つ、山田先生の論稿のある第四回配本分の月報が欠落して存在せず確認できなかった。(文庫の調査は最後に総ての書籍を一冊一冊調べてゆく際にこの欠落部分が出てくるかどうかを留意したい。)
 同一の分冊が複数冊存在するものが幾つか存在する(分冊のダブりがある)が、一方では何故この特定の分冊だけがここに複数冊(ダブっている冊数は様々)あるのかという疑問が湧き上がるものの、現在の残されている資料からは、この疑問に答え得るようなものは何も発見できなかった。

 次に山田先生の読書痕についての調査に移った。
 確認できる山田先生の読書痕の有無については後続の報告をお読み頂きたいのであるが、例え痕跡が無い場合でも、各分冊は読まれてはいたが、ただ読書痕がないだけなのか、そうではなく全く読まれなかったのかについては定かには判定はできなかったが、下記の記録においては分冊中に誤植の訂正等の記載以外の書込がある場合を読書痕として扱い、それについて記録をした。

 当稿に於いては、痕跡の内容やその論評には踏み込まず、技術的な面での記録に止めてその成果を報告する。

続きを読む "山田文庫における『日本資本主義発達史講座』(2012,10/12加筆)"

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

山田盛太郎文庫付属資料についての調査報告(とりわけその中の抜粋資料について)(2012,9/14加筆)

 山田盛太郎文庫付属資料についての調査報告
  -とりわけその中の抜粋資料について-

 迄に日記等で断片的に書いてきたのではあるが、もう一度総括すれば、龍谷大学深草図書館に所蔵されている山田盛太郎文庫は、山田盛太郎氏の書斎に所蔵されていた数多くの書籍群からなる文庫本体と、氏の没後に書斎において発見された研究上の様々な過程で遺された種々の紙資料群からなる付属資料とによって構成されている。
 文庫の現状は、文庫本体は、現在、大学において収納時以来保管されていた別棟の倉庫から、深草図書館内の可動式書架に移され、研究者へ公開できるようにするための準備にかかっており、付属資料は整理され保存のためのあるべき措置について構案の段階にある。

続きを読む "山田盛太郎文庫付属資料についての調査報告(とりわけその中の抜粋資料について)(2012,9/14加筆)"

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

山田文庫・山田盛太郎著作集を紐解くにあたって-15(仮7)(12.4/6加筆)

山田盛太郎氏の戦後の研究活動を鳥瞰するための基礎資料-12(仮7)

 回に続いて資料 : 『専修大学社会科学研究所月報』(第七回)[最終回]をお届けします。

 今回(仮7)の掲載内容は、前回(「山田文庫・山田盛太郎著作集を紐解くにあたって-14(仮6)」)に掲載した資料中の下記の号の中から、重要だものと思われる記事について注【抜粋(番号)】をいれておいたもの(全部で8カ所あります)を、ここに集めて掲載します

 No.43号  (1967年4月20日) 【抜粋1】【抜粋2】
 No.100号(1972年1月20日) 【抜粋3】【抜粋4】
     創刊100号記念号
 No.135号(1974年12月20日)
【抜粋5】
    創立25周年記念事業特集 第 I 部 学術講演
 No.136号(1975年1月31日)
【抜粋6】【抜粋7】【抜粋8】
    創立25周年記念事業特集 第 II 部 記念パーティー

 専修大学関係の資料-月報や会報-は、専修大学経済学部の佐藤博教授(当時)のご厚意を賜ったことが、この掲載に繋がりました。 今から約三十年程前に大橋隆憲京都大学名誉教授と共に佐藤教授を専修大学生田校舎の社研にお尋ねしたことが本当に昨日のように思われます。 改めて頂いたこれらの資料を読み直し、吟味し、多くのことに思いを巡らしながら、この稿を打ちました。 本当にありがとうございました。

続きを読む "山田文庫・山田盛太郎著作集を紐解くにあたって-15(仮7)(12.4/6加筆)"

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

山田文庫・山田盛太郎著作集を紐解くにあたって-14(仮6)(12.4/5加筆)

山田盛太郎氏の戦後の研究活動を鳥瞰するための基礎資料-11(仮6)

 回に続いて資料 : 『専修大学社会科学研究所月報』(第六回)をお届けします。

 今回(仮6)の掲載分は、『専修大学社会科学研究所月報』のNo.41号(1967年2月20日)からNo.42号(1967年3月20日)までの山田先生の専修大学在職中までのものと、その後の下記の各号です。
 No.43号  (1967年4月20日)
 No.45号  (1967年6月20日)
 No.100号(1972年1月20日)   創刊100号記念号
 No.135号(1974年12月20日)

    創立25周年記念事業特集 第 I 部 学術講演
 No.136号(1975年1月31日)

    創立25周年記念事業特集 第 II 部 記念パーティー

※ 中塚注: 前回掲載時には、この第六回目の掲載をもって『専修大学社会科学研究所月報』についての作業が終わるものと予定をしておりました。 しかし、月報中からの通常記事分と、特集号での社研関係者による回想記事らの抜粋分とのデータ量の合計が、今までの通常掲載時の二倍あまりにも達し、一度に掲載するデータ量としては少々重くなり過ぎたため、やむなく二回に分割して掲載することにいたしました。 その時、抜粋部分を通常記事部分に混ぜて掲載した方が良いのか、分離して抜粋分だけを纏めて掲載した方が良いのかどうかを迷いましたが、結局抜粋部分を纏めて掲載するやり方を選択してもそんなに煩雑にはならないだろうとの判断に到ったため、時には利用し辛いこともあろうかとは思いますが、最終的には、総ての仮データを編集し直す段階でもう一度在り方を再考いたします。 不悪。 

続きを読む "山田文庫・山田盛太郎著作集を紐解くにあたって-14(仮6)(12.4/5加筆)"

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

山田文庫・山田盛太郎著作集を紐解くにあたって-13(仮5)(12年3/29加筆)

山田盛太郎氏の戦後の研究活動を鳥瞰するための基礎資料-10(仮5)

 回に続いて資料 : 『専修大学社会科学研究所月報』(第五回)をお届けします。

 今回(仮5)の掲載分は、『専修大学社会科学研究所月報』のNo.31号(1966年4月20日)からNo.40号(1967年1月20日)までです。

続きを読む "山田文庫・山田盛太郎著作集を紐解くにあたって-13(仮5)(12年3/29加筆)"

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

山田文庫・山田盛太郎著作集を紐解くにあたって-12(仮4)(12年3/25加筆)

山田盛太郎氏の戦後の研究活動を鳥瞰するための基礎資料-9(仮4)

 回に続いて資料 : 『専修大学社会科学研究所月報』(第四回)をお届けします。

 今回(仮4)の掲載分は、『専修大学社会科学研究所月報』のNo.21号(1965年6月20日)からNo.30号(1966年3月20日)までです。

続きを読む "山田文庫・山田盛太郎著作集を紐解くにあたって-12(仮4)(12年3/25加筆)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧