汗を拭き拭きやっと水飲み地蔵さんのお堂に着いた。 お堂の中に入ろうとすると、敷居の上を何やら石のようなものがぎごちない動きをしている。 しゃがんで突っついてみるとニョキッと足が出てきて動き出した。 それにしても怪しい身なりではないか。 どうやらこのゾウムシさんは誤って蜘蛛の巣に捕らえられたのだけれど、何とか脱出を果たして九死に一生を得たようである。 両の手をついてお地蔵様に感謝しているのだろうか。 話が聞けるものなら、どのようなドラマティックな出来事があったのかお聞きしてみたかった。