ニホントカゲの幼体である。 成体に比べると頭がやや小振りで縦に縞が走り、キンキラのしっぽにちっちゃな眼玉が大変がかわゆい。 すぐ切れるこの尻尾は子供達にとって格好のおもちゃであった。 切られた尻尾はしばらくピョンピョンと辺りを跳ね回るけれど、無性にそれが不思議で見つけては追っかけて尻尾を切っていたようにおもう。 随分と可哀想なことをしてしまったと、今では反省している。