« 回復へ向かって | トップページ | 第一次世界大戦にまつわる映画 + 福田徳三博士の本 »

2014年7月14日 (月)

半日ドッグに出掛けた

 昨年の入院先の担当医から健康診断を受診し、報告書を持参するように指示があり、本日同病院にて半日ドッグを受けた。
 一般的な項目とオプションとしてMRIと骨密度測定を加えた。
 MRIは初めて受診したが、ラボから解放後、しばらくの間、カンカン、コンコンが影響したのであろう、些かくらくらが止まらなかった。
 無事終了時に窓口で何故か食事券を渡された?! 私の狭い経験の中で恐縮であるが、病院で検査後に食事券が出たことは、いまだかつて一度も無かったし、人からも聞いたことが無い。 今時の病院はこのようなサービスもするようです。
 従って、帰路、最上階の食堂に立ち寄った。 出てきたのは鰻重と、デザートとドリンク(共に選び放題)と結構なお食事とボリュームであったため、もう一度驚いた。 え?何かの間違いではないのか? 結局、これらを総て平らげると、言い様も無く満腹とあいなった!

 検査項目で直ぐに結果が分かるものに関しては、異常はなく、良好なレコードであった。 他方、蕁麻疹はまず治まったと思われるが、掻き傷はもう少し残っている。

 下記の書籍(共にH. Haken著、東海大学出版会発行)を入手。
『共同現象の数理』
 -物理、生物、化学的系における自律形成-
『シナジェティクスの基礎』
 -不安定性の階層=システムとデバイスの自己組織化-

 もう少しで書き忘れるところだった。 今日はフランス革命記念日!

« 回復へ向かって | トップページ | 第一次世界大戦にまつわる映画 + 福田徳三博士の本 »