« 近況報告 | トップページ | 蛙の後日譚 »

2015年9月30日 (水)

蛙の霊感を信じるべきか?!

 気が付いたのは昨夕であった。

 いつもは庭にいる雨蛙が、拙宅玄関の引き戸の上の明かり取り窓の桟とガラス板とに、まるでその体をその境目の角にに突っ込むかのように、両方の足をピチャッと引きつけて桟とガラス板にへばり付いている。 これは一体どうしたことか?

 netのニュースに拠れば、明日と明後日は日本海を西から東へと爆弾低気圧と近頃呼ばれている低気圧が通過するというのだ。
 突風や雷、激しい雨、竜巻等という恐ろしげなものがやって来るぞと言うご託宣である。 テレビの気象予報士も、飛びそうなものは出来るだけ早めに片付けてくださいと警告している。

 ヒョッとして、この蛙の霊感はこの遠くの不気味な胎動を敏感に察知しているのであろうか??? そう訝りながら、問い掛けてみたが、フィギュアみたいに微動だにしない緑の小動物は何も語らず、まるで蛙に化けた仙人のようにも見える。 明日から明後日にかけて、ことの成り行きを見守りたい。

« 近況報告 | トップページ | 蛙の後日譚 »