« 冬来たりなば・・・ | トップページ

2017年1月 3日 (火)

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。

 昨年末の急激な温度変化は、本当に「骨身に応える」という言葉の意味を身に凍みるほど理解させてくれました。 年末にはしておかなければならない慣例の作業や行事も、最低限だけで茶を濁した。 年賀状はなんとか最低限だけを書きあげ、後は総て内に任せた。

 しかし、二日恒例のインク入れの儀は準備が全く整わなかったけれど、これだけは欠かすことが出来ない私の年頭の重要な儀式でもあり、逡巡したが致し方なく、前例を破り、洗浄も分解もせずインクだけを新たに入れ替えることで今年のスタートとし、自分を慰めた。

 また、二日の日は、なぜか見たことの無いくらいの大勢の猫たちが拙宅の塀の上を音も無く、まるで忍者の様に足早に入りつ代わりつ、サッサ、さっさと面白いくらい右往左往した。
 何匹かは近所の顔なじみであったが、この日だけは呼び止めても全く相手にもしてもらえなかった。 しかし、その他は、普段お目にかかったことのない全く見知らぬ猫達で、彼等はまるで、時間切りのあるお年始タイムに間に合うように急ぎ関係箇所を駆け回っているかのようであった。
 そういえば、このあたりでは、時々、猫たちの大集会が行われていた。 何処から集まってきたのか分からないが、大勢の猫たちが一堂に会しているが、別に喧嘩があるでもなく、鳴き声を立てるわけでもなく、ただただ黙り込んで、大勢でそれぞれが好きな所に陣取ってうずくまっているだけである。 行って、一緒にうずくまってみようかと何度も思ったけれど、その場には見えない結界のような彼等が放つ壁の如き境界線があり、それを越える勇気はでてこなかった。 本当に、猫達は時々不思議なことをするものである。

【PS】
 二日以降、猫達は一匹も拙宅にはやってこなかったし、塀の上も行き来しなくなった! 一体、二日のあの騒ぎは何だったのだろうか???

 それにしても寒い! 風邪を引いて敢え無く休養である。 (1月8日追記)

« 冬来たりなば・・・ | トップページ