« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月10日 (木)

層をなすものの関係性の繋がりについての雑感

 正月以来、気になっていたことがある。

 過去何十年に亘り恒例になっていた正月の万年筆の洗浄とペン先の調整は、厳しい体調不良によって、ここ二三年は御茶を濁す程度でしか出来なかったが、今年は体調の復活によって何時になくキッチリと出来た。

 洗浄を行うようになって三日目位に、入っていたインクとは異なる色が洗浄用のコップやティッシュに滲み出てきたのに気付いた。 最初は洗浄開始時に抜いたインクの色が出ていたのに、その日からは異なった色が溶け出し始めたのである。
 原因は直ぐに分かった。 この万年筆のインクの色をある年、他の色彩のインクに変更したことがあり、古い方のインクが恐らく層を形成していて、変更した新しいインクが古いインクの層の上に更に新しいインクの層を作っていたのが、白湯による洗浄で、こびり付いていた新しいインクの層が総て溶け去った後、以前の古いインクの層が表面に現れ、それが改めて溶け出し始めたのである。

 そう言えば、丁度体調不良の最初の年に些かよい加減な洗浄の上で、生命の危機を感じたので生きている内に使ってみたかったインクによる万年筆の再配分を行った。 それから二三年は健康上の理由からもう一つ良い加減にしか整備が出来なかったのを、今年になって改めて精を出して整備をしたことによって、残留していた古い基層の色彩までもが溶け出してきたのだ。
 更に洗浄を続けると、下にあった基層の部分もほぼ溶け終え、透明な白湯だけしか出てこなくなり、洗浄は完了。 その年に、何本かの万年筆のインクを再配分したので、その総ての万年筆に同じような現象が起こった。 新しいインクは、古いインクがこびり付いた層を基層とし、その上に新たに自分のインクの層を少しずつ重ねて新しい層を作っていったことになる。

 実にたわいもない出来事ではあったが、表面の層の下に別の層が存在し、場合によっては最後の基層となる部分まで、幾層にも積み重なった層がそれぞれ前後の層を支え、支えられながら表面の層と連なった一つの関係性を持っている、そのような状況の存在に思い至り、一人悦に入った。 嗤われるだろうけれど、惚けて忘れないうちにここに書き留めた。 誰か何かの役に立ちますかしら?

2019年1月 9日 (水)

PCの復活!

 体調不良をよいことに、約一年あまりイジイジと野晒し状態に放置されっぱなしであった小生自作のPCがやっと復活した! この間、古いノートPCの世話になったものの、その遅さと画面の小ささには息苦しさと不安で辟易(ノートも一応はi5、Win.7なのだけれど)。

 殆どの設定は、久し振りであったにも拘わらず、結構順調に推移。 スキャナーや3TBの外付けデータ装置も楽に組み込んだところまでは順調であったが、残ったメールだけが、受信は出来るが、何故か発信が出来ず、エラー表示が出る。 この設定を、二日間必死にやってはみたものの、どうしても発信が出来ない。(ちなみに、PanasonicのノートPCは同じ設定なのに何の問題も無く出来る???)

 思いあまって賢者に相談してみると、自作の場合、Outlookのポートの設定が、一般とniftyとは異なるため、そこは手動による設定が必要なのだよ、と言うことだった!
 そう言えば、このPCを最初に設定していた時に於いても、そのようなことで彼氏を煩わせた記憶が遅蒔きながら蘇った! コチョコチョといじっていると、ポートの設定場所が出てきたので、言われたように数値を変えると、嘘のように開通!!! 惚けたせいで、なんと二日間も浪費してしまった!

 これで、二つのPCによる小生へのサポート体制が再び完成。 改めて、i7のCPUの有難さを噛み締めた! 筆記具や書籍、資料の整備も整ったのだから、あとは、これらに支えてもらいながら黙々と仕事に精を出そう!

2019年1月 6日 (日)

PC蘇生作業

 小生のメインPCは昨年の4月末までは自作機によるWindows7Ultimateであった。
 であった!と書いたのは、この時点で外部からの攻撃で機械がダウンしたためである。

 ネット環境から外し、手を尽くして何とかWindowsが動く環境に復元した(ドライブ等の損傷は無かったから)ものの、ネット環境への接続が上手くゆかず(従ってプリントも出来ない)、加えて体調も思わしくなかったので、仕方無く、謂わばそのまま放置状態が続き、少し古いPanasonicのノートPCでその日その日を呻吟しながら今日までやって来たが、体調が上を向き出した昨年末から、何とかして、この小生手作りの愛着深いPCを蘇生させようと真剣に考え始めた。

 本来ならば、新しくWindows10を組み立てたかったが、書物と資料を買いすぎたため、財布が首を縦に振らず、何とか捻り出した体力をここで使い切りたくなかったので、この際、最低限の外部通信用の最新のイーサーネットカードとケーブル(カテゴリー7で)だけを新調し、蘇生・復元を企画。 何年かぶりで大阪日本橋の行きつけのPCパーツ店へ出向いた。
 予想はしていたが、嘗ての隆盛を知る者にとって、日本橋のPC関連街は見る影もなく寂れ、本当に全うな店は行きつけのショップだけとなっていた。

 モデムから書斎へと有線のケーブルを張り直す作業は、当初の想像を遙かに超えていた。 体力が全くついてゆかないのである。 内の助力を得て、どうにかこうにか書斎の中まで15メートルのカテゴリー7のケーブルを丁寧に張り直したが、更に問題は書斎の書物の裏側を這わせたケーブルの取り替えであった。 一部ではあったが、書物の山を一度廊下に運び出し、天井から垂らしたケーブルを床の隅に張り直す作業は、脚がしびれて床に座り込むほどに苦しく、息が切れた。 改めて、70を超えてからこの様な作業は決してするものではない!と実感!

 PCケースを開き、ネジを緩めて通信用のカードをセットし、蓋を閉じて、苦労して張り直したカテゴリー7の末端をカードに挿して電源を投入。 書物をはじめ、動かした様々なものを元通りに置き直し、寒さを忘れ、丸一日がかりで漸くPCの電源をONにした。 ここからは、椅子に座っての作業になる。

 黙々とした、久し振りの設定作業は、日付が変わる頃に、どうにかその成果を確実にし、機械が小気味よく動き出す様は、今迄何回も味わってきたが、その都度、言い様も無く嬉しさが込み上げる!
 ネットも無事繋がり、充分なセキュリティの確認が終わって、一番にこの書込を今している。

 明日から、再び、この機械で仕事が出来ると思うと、愛おしさが湧くように募った。 細かな設定が残るが、それは明日から少しずつやれば良いではないか!

 手作りで様々な思い入れの籠もったこの機械も、Microsoftのメンテナンスが今年の11月で切れる。 だから、11月からはインターネット環境から外して、しばらくは拙宅内でのイントラネットとして執筆等の作業用になるという余生が待っているが、それまでの間、暫し頑張れ! まずは、真に目出度い!!!

続きを読む "PC蘇生作業" »

2019年1月 2日 (水)

年頭にて

 年を取ると、あっという間に時間が煙のように消えてゆく!
 他方では、なかなか予定が達成できないで、宿題がいっぱい溜まってゆく!
 気が付くと、2019年の正月がやって来た!

 昨年は今まで経験したことの無いような気候の展開があり、神経質なまでに健康に気を配った。 食事、睡眠等、今までの生活習慣を可成り変更してまで体調の向上・維持に努めた。(他方では、拙宅の内の健康維持にも気を配る必要が生じたこともあって。)

 終活を一旦棚上げにした昨年は、人が見ると異常なくらいの資料収集と整備に努め、整理が年末までに終わり、いよいよ新年となった!

 昨年暮れには重要な出版が相次いだ!
〇『資本論草稿にマルクスの苦闘を読む』
  ― 『資本論』第2部第8稿全文とその関連資料を収録― 
   大谷 禎之介著 桜井書店( 2018/11/1)
   当書にはMarxの『資本論』の最終第8稿の全文が掲載されている。
   大谷氏によって2003年に発表された論考、第Ⅱ部第8章、は興味深い。

〇『『資本論』の経営理論』
     ―協業論と指揮論の構築をめざして―
  藤原 直樹著  御茶の水書房(2018/11/1)
   上記の書物と一緒に拙宅へお招きしようと思ったが、
  その価格に思わず怯んでしまったものの、興味深い内容にはどうしても
 未練が残り、やはり、早い内にお連れしなければならない。

〇『精神現象学』 上下
  ヘーゲル著 (熊野純彦訳)
     ちくま学芸文庫(共に2018/12/11)
   ヘーゲルのこの新訳は、早く時間に余裕をつくり手に取りたい。

 年末ではないが、5月末に小林賢齋先生の下記の書籍が出版された。1975年に公刊された『再生産論の基本問題』以降に発表された重要な諸論考がまとめて読めることはありがたいことである。
〇『「再生産」の諸問題』―I(v+m)=IIcとI(v+mk),>,<IIc―
  小林賢齋著 同成社(2018/5/31)

続きを読む "年頭にて" »

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »